子犬がかかりやすい病気の予防 -初めての犬-

 

子犬がかかりやすい病気

伝染病の中では、犬ジステンバー、肝炎(アデノウイルスⅠ型)、犬伝染性口頭気管支炎(アデノウイルスⅡ型、、細菌感染症(大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌)、代謝病では、低血糖症、栄養性上皮小体機能亢進症(骨がもろくなる)、腸内寄生虫症、外部寄生虫症などがあります。 続きを読む >>>>>

犬を屋外で飼うか室内で飼うか -初めての犬-

 

その昔、日本が高度経済成長の真っ只中にあった頃、昭和40年代くらいまでは犬は外で飼うのが当たり前でした。その後、人間の暮らしが豊かになり住環境もよりよくなってきた昭和50年代くらいから、小型犬を中心に犬が室内で飼われるようになってきました。 続きを読む >>>>>