食事はバランスよく -初めての犬-

スポンサードリンク

犬はもともと肉食動物でした。歯やあご、消化器官は肉食獣として発達していて肉を丸呑みしても十分に消化できるほどの胃袋も持っています。しかし、だからと言って犬肉ばかりを与えていてはいけません。

六大栄養素の「炭水化物(糖質)」・「脂質」・「たんぱく質」・「ビタミン」・「ミネラル」・「水」は人間と同じようにバランスよく摂らなければなりません。特に発育期の子犬の栄養バランスには気を配る必要があります。

20140807食事のバランス

犬は人間に比べると極めて短期間で成長するので、各栄養素の摂取量は人間とは大きく変わってきます。まず、犬の一日に必要な栄養量を知ることが必要です。よく食べるからという理由で同じものばかりを偏って食べさせることは偏食を招き、肥満から様々な病気を誘発します。

健康管理の基本は、なんといっても食事が基本です。犬にあった量と与え方を工夫しましょう。

 

1日に必要な栄養素

栄養素 成犬 子犬
タンパク質 4.8g 9.6g
脂肪 1.1g 2.2g
リノール酸 0.22g 0.44g
  カルシウム 242mg 484mg
  リン 198mg 396mg
  カリウム 132mg 264mg
塩化ナトリウム 242mg 484mg
マグネシウム 8.8mg 17.6mg
1.32mg 2.64mg
0.16mg 0.32mg
マンガン 0.11mg 0.22mg
  亜鉛 1.1mg 2.2mg
  よう素 0.034mg 0.068mg
  セレン 2.42μg 4.84μg
  ビタミンA 110 IU 220 IU
  ビタミンD 11 IU 22 IU
  ビタミンE 1.1 IU 2.2 IU
ビタミンB1 22μg 44μg
ビタミンB2 48μg 96μg
パントテン酸 220μg 440μg
ニコチン酸 250μg 500μg
ピリドキシン 22μg 44μg
  葉素 4.0μg 8.0μg
  ビチオン 2.2μg 4.4μg
  ビタミンB12 0.5μg 1.0μg
  コリン 26μg 52μg

出典:アメリカ国立科学アカデミー

 

コメントを残す