訓練をはじめる前に -初めての犬-

スポンサードリンク

 

トイレ・食事・散歩。これらの基本的な躾けがクリアできたら、次はいよいよ基本的な訓練に取り掛かっていきましょう。

ここで「しつけ」と「訓練」についておさらいですが、

「しつけ」とは 人間と共生するための行動を、その都度の命令が無くても自発的に行えるよう教育することです。「トイレ」や「食事」のマナーなどを教え込むことが「しつけ」にあたります。 一方、「訓練」とは 飼い主の命令通りの行動が取れるように教育することです。 「フセ」「マテ」などの命令を実行できるようにするのが「訓練」なのです。

20140722訓練1

「訓練」をすることによって飼い主とワンちゃんは、より深くコミュニケーションをはかれるようになります。そのことで絆はより一層強固なものになるのです。

 

「訓練」というと、生真面目に固く考えてしまい、その分結果がすぐに出ないとすぐに「どうしてできないんだろう」「自分の何が悪いのだろうか」などと考えてストレスを溜めてしまう人がいます。しかし、こんなふうに考えてしまうと、教えられる犬の方にも同様の気分が写ってしまい、本来簡単にできることすらできなくなってしまいます。

 

もっとリラックスして、ゲーム感覚でやってみましょう。あなたがリラックスして楽しみながら訓練を行うことで、あなたの愛犬もまた訓練を楽しむことができ、結果として訓練の各課題をマスターする早道となるでしょう。

 

ほめて教える

訓練は、きちんとポイントをおさえながら、几帳面な一本調子にならないように時に変化をつけながら楽しんで行うことが大事です。犬はあなたが命令することで行動を起こします。この命令が曖昧なものだと犬は命令を「命令」として認識できず、あなたの言うことを聞きません。

20140722訓練2

「いつかやってくれるだろう」とあなたが思っているだけでは犬は動きません。と言うより動けません。やらせてみて上手くできたら、とにかくたくさんほめてあげましょう。大げさなくらいに褒めてやることで犬を「その気」にさせてしまいましょう。

 

「しつけ」の項でも書きましたが、犬だって皆やれば出来る子、褒めて伸びるタイプなんです。

 

コメントを残す