膿皮症

スポンサードリンク

 

犬の皮膚病の中でも比較的多いのが、この膿皮症です。皮膚についた細菌が毛穴で増殖して可能することで起こる病気です。かゆみが強く、ひっかいたり舐めたりすることで広範囲に脱毛が起こることもあります。

 

原因

膿皮症は、細菌が毛穴や皮膚の傷口から侵入して増殖することで起こります。

大気中や土の中などをはじめとして、私たちの周りには常に数多くの細菌が存在していまが、健康な皮膚には細菌の侵入を防ぐバリアの機能があります。

ところが、老化や病気などで抵抗力が低下してくると、細菌が侵入しやすくなってきます。また、ほかの皮膚病にかかっていると、傷や炎症から二次感染することもあります。

慢性の皮膚病があったり、栄養不良状態の時、また、シャンプーなどが体質に合わずに起きる場合もあるので気をつけましょう。

 20140904痒い犬3

症状

感染が皮膚の表面に留まっている場合は、皮膚が赤くなったり発疹ができる程度ですが、奥深くまで浸透してしまうと、膿を持ったり発熱することがります。

ブルドック、ペキニーズといった顔に深いシワのある犬種では、皮膚のシワの間に起こりやすいので、日頃からこまめにチェックして、シワの間を常に清潔に保つように気をつけましょう。

20140904痒い犬1 

予防

感染予防のためには、日頃から定期的に体質に合った薬用シャンプーを使って、皮膚の清潔を保つようにしましょう。

 

コメントを残す