胃潰瘍(いかいよう)

スポンサードリンク

 

胃潰瘍は胃の粘膜が傷ついて、さらにその傷が筋層にまで達する病気です。その原因の多くは、腎不全や腫瘍などの重大な病気です。

 20150201胃潰瘍の犬1

原因

犬の胃潰瘍では、腎不全や腫瘍(肥満細胞腫)、肝不全、敗血症などの重ぢな病気によって誘引され、起こることがほとんどです。ほかには、アスピリンやステロイド剤などの薬物によって引き起こされることもあります。

これらが原因で、胃の粘膜が深く傷つき、その傷から出血が起こります。胃に穴があいてしまう場合もあります。

 

症状

頻繁に嘔吐するようになります。吐瀉物には変色した血が混じり、コーヒー色に近い色をしています。便に血が混じる場合もあります。その場合も、変色した血が混じることによって、タールのような黒っぽい便になります。

発熱や腹痛によって元気がなく、ぐったりとした状態になり、重症の場合は胃に穴があいて急死するケースもあります。

 

治療

まずは原因となっている病気の治療を行います。腎不全などの場合は薬物治療を行ったり、腫瘍等の場合は患部の切除手術を行います。

胃潰瘍の治療には胃酸を抑える薬を用います。再発を繰り返すような場合は、潰瘍の部分の切除手術を行う場合もあります。

 

コメントを残す