肺炎(はいえん)

スポンサードリンク

 

呼吸器系に起こる疾患の中ではもっとも重症のものです。気管支や喉に起きた炎症が悪化することで起こることもあるため、これらの病気にかかっている時には、症状が軽くても軽く見ずに注意が必要です。

 20150131咳き込む犬2

原因

肺炎の原因の多くは、細菌やウィルスの感染によるものです。なかでも、パラインフルエンザウィルスやアデノウィルス、ジステンバーウィルスなどで起こるケースが多く見られます。

ほかには、真菌(カビ)や寄生虫に感染した場合、刺激物質の吸引によってなることもありあす。

季節では、乾燥した寒い冬の間や、雨の多い梅雨時になりやすいので注意必要です。

 

症状

一旦肺炎にかかると、その症状は気管支炎や咽喉頭炎などよりも重いものになります。

激しく咳き込んで、それによって嘔吐することもあります。呼吸するたびにぜーぜーといった音が出たり、呼吸が浅く速いものになります。また、発熱や食欲不振なども見られます。体温はこまめに計る必要があります。

前足を突っ張って呼吸するような場合は呼吸困難に陥っています。この姿勢は、かなり呼吸が苦しい状態にあるということです。こんな時は、愛犬には触れずに、そっとしておくことが必要です。

呼吸困難におちいると、肺に送られた余分な空気が押し出されて、胸や首の皮下にたまります。たまった空気によって皮下気腫ができることもあります。

 

治療

症状が重い時には入院する必要があります。炎症を鎮めるために抗生物質などを投与します。薬を吸入させる吸入療法なども効果があります。また、呼吸困難を起こしている場合は酸素吸入も行います。

完治するまでは、散歩や運動をさせずに安静を保ちます。室温や湿度に配慮し、ホコリやタバコの煙なども吸わないよう注意します。

気管支炎や咽喉頭炎などの疾患がある場合は、悪化しないよう治療することが肺炎の予防につながります。風邪をこじらせないよう注意することも大事です。

 

コメントを残す