耳の手入れ -初めての犬-

スポンサードリンク

耳の形や大きさは犬種によってまちまちです。しかし、どんな犬にも共通して言えるのは、耳の中は突起物が入り組んでいて分泌物も出ますで、健康な犬でも耳は汚れやすいものです。

特に、耳の中に毛が生えているプードル、マルチーズなどの犬種や、ダックスフントやシーズーといった垂れ耳の犬の場合、耳垢が溜まりやすく、また蒸れやすいため、こまめに耳をチェックし掃除をしてやる必要があります。耳はいつも清潔にして乾燥させておきましょう。

20140804耳の手入れ

 

〇耳は毎日チェックし、耳垢が溜まっていないか、悪臭や炎症はないかチェックしましょう。

〇耳掃除は、垂れ耳の犬や耳に毛が生えている犬の場合は週に一度、それ以外の犬の場合では2週間に一度程度の間隔で行いましょう。耳の表面はデリケートな皮膚ですので、やり過ぎも良くありません。

〇耳の表面は、ガーゼなどにイヤーローション(ペットショップにあります)を付けて、指でふきましょう。奥のほうはペット用の綿棒にローションをつけて手入れをしましょう。

〇耳ただれを防ぐために、入浴時には耳に水が入らないように気を付けましょう。

 

コメントを残す