犬の能力を知ろう -初めての犬-

スポンサードリンク

犬には人間をはるかに超える能力が数多く備わっています。犬のこれらの能力を知ることで、犬との正しい接し方を知り、より深いコミュニケーションへと役立てることができます。

 

犬の視覚

人間に比べると犬は近視で、さらに色盲です。しかしながら、動くものを敏感に捉えることができ、網膜にはタペタムという反射膜があるため暗いところでも目が利き、夜でも行動することができます。

また、目が細面の顔の左右の外側に離れてついているため、視野は250度~280度くらいあります。

 

犬の嗅覚

犬の嗅覚は非常に優れています。臭いを感じ取るための細胞の数は2億以上もあり、この数は人間の40倍もあります。さらに、臭いをかぎ分ける能力となると人間の100万倍から10億倍もあると言われています。この能力は警察犬や麻薬犬として人間社会に役立てられています。

 

犬の味覚

食べ物の味を感じ取る神経細胞である「味蕾」は、人間や草食動物に比べて発達していません。

グルメで食に贅沢な犬の場合、味よりも匂いで食べ物を覚えています。

 

犬の聴覚

1秒間の振動数を表す単位「ヘルツ」。

人間の聴覚がおよそ2万ヘルツに対して、犬は人間の約2,5倍の7万ヘルツを聞き取る能力があります。人間の聞き取れない小さな音や遠くの足音などを聞き取ることができ、眠っているときにも聴覚だけは起きているため番犬として役に立つのです。

20140809健康

犬の脳

哺乳類の脳には「大脳辺縁系」と呼ばれるそしきがあります。

「大脳辺縁系」は恐怖や怒り、愛着、よろこび、悲しみ等の情動をコントロールする組織で、犬の「大脳辺縁系」は人間と同じくらい発達しています。

そのため、「母性愛」「同情」「家族愛」などの情動行動は人間と同じくらい優れているのです。

犬の知能は、人間の4歳~5歳児くらいあると言われています。記憶力や適応力にも優れており、

訓練次第でその優れた能力を最大限に引き出すことが可能です。

 

 

犬の帰巣本能

数千キロも離れた土地で飼い主とはぐれた犬が、何か月もかけて自宅に帰ってきた。

飼い主の事情で飼えなくなり、数百キロも離れた親戚の家に引き取られた犬が元の飼い主のもとへ帰ってくる。

これに類する話は、昔から世界中に数えきれないほどあります。

 

犬の帰巣本能については、まだまだ解明されていないことがたくさんあります。

つい最近では犬には「磁覚」が備わっているという研究成果がドイツとチェコの研究チームによって発表されています。

「磁覚」とは磁場の方向、強さ、場所を知覚する能力のことです。

 

犬の帰巣本能のメカニズムにいては、まだまだ謎が多いですが

「リーダーのもとへ帰りたい」という強い思いを抱き、その思いに従って命おかけて行動すること自体、犬の優れた能力と言えます。

コメントを残す