愛犬をダニから守る

スポンサードリンク

犬の健康を守るうえで、ダニ対策はとても重要です。多くの病気をもたらすダニから愛犬を守ってあげるのも飼い主としての役目です。

Puppy Scratching fleas

草むらに気をつけて

犬に寄生するマダニが多く生息するのは、草が生い茂っているようなところです。
散歩のときなど、むやみに草むらへ入っていかないように気をつけましょう。
そして、ワンちゃんの生活環境を、清潔に保つために、こまめに掃除をしましょう。

ダニ対策

草むらに入らないようにするだけでは、ダニ対策は完璧にはできません。そこで、愛犬への対策が必要になっていきます。

もっとも一般的なダニ対策は、フロントラインやアドバンテージなどの滴下型の予防駆除薬を使うことです。
1か月に1度、ワンちゃんの体に滴下するだけなので、とても簡単です。
投与してから約48時間で、マダニをほとんど駆除できます。ただし、体への悪影響もある薬なので、病弱な犬にはあまりお勧めできません。

健康なワンちゃんであれば獣医師と相談して、使うのが有効でしょう。

ダーナムカラーなどの、ノミ取り用の首輪は「滴下型が体調的に心配」というワンちゃんにはおすすめです。いずれの対策においても、動物病院で処方されるものを使うようにしましょう。

ダニ対策が必要な時期

ダニなどの寄生虫が活発に動き回る時期は、一般的に4月から11月と言われています。もちろん、それ以外の季節には心配が全くないかと言われれば、そんなことはありません。

そのため、ダニ対策をすべき時期というものは、限定されているものではなく、一年中きちんと対策を行い、愛犬をダニから守る必要がるのです。

 

コメントを残す