子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)

スポンサードリンク

子宮に膿がたまるメスの病気です。放置すると死に至る危険があります。妊娠・出産の経験のない犬が特にかかりやすいので注意が必要です。

 

原因

子宮が細菌に感染して起こります。大腸菌、連鎖球菌、ブドウ球菌などがおもな原因菌となります。

細菌の感染は、発情期に特に起こりやすくなります。約2週間ほど続く雌犬の発情期の間、子宮の入口である子宮頚管が開いているため、子宮に細菌などが侵入しやすくなります。また、おすわりの姿勢をとった時に、肛門周辺の細菌などが膣に付着することも一因と考えられています。

健康な状態であれば、最近に感染したとしても免疫力で撃退できるのですが、何らかの理由でホルモンバランスが崩れていたりすると、細菌が増殖しやすくなります。さらに、発情期以外は子宮頚管は閉じているので、子宮の内部で細菌が増殖し、膿がたまります。

子宮内部で細菌が増殖するのは、発情期を過ぎても卵巣から黄体ホルモンが長期間にわたって分泌されるからです。黄体ホルモンが分泌されると、子宮内膜がどんどん増殖します。そして、この子宮内膜が最近増殖の絶好の温床になるのです。

子宮蓄膿症は、5~7歳以上の妊娠・出産経験のない犬や、長期間交配をしていない犬に多く見られる病気です。こうした犬は、卵巣の異常を起こしやすく、ホルモンのバランスが乱れやすいためと考えられています。

 

症状

症状は、ほとんどの場合、発情期の終了から2~3ヶ月以内に現れます。子宮蓄膿症の特徴的な症状はおもに次のような症状です。

 

  • 水を大量に飲む

  のどが渇くため、水をがぶ飲みします。

  • 尿の量が増える

   大量の水を飲むため、尿の量が増えます

  • 外陰部がはれる

   外陰部がはれたり、臭のきつい赤褐色の分泌物(おりものや出血)が起こる

  • おなかが膨れる

   子宮に膿がたまってくると、次第におなかが膨れてきます

  • おなかに触れられることを嫌がる

   痛みがあるため、おなかに触れられうことを嫌がるようになります。

 

妊娠の初期症状ととても良く似ています。これらの症状に気づいたら、すぐに獣医師の診断を受けましょう。

症状が進むと膿が腹腔内に漏れ出して、腹膜炎を併発したり、腎機能が低下したりします。最悪の場合、子宮が破裂して腹膜炎を起こして死亡する場合もあります。

 

治療

治療の基本は、子宮、卵巣、子宮頚管の摘出手術です。これらの全てを摘出することで、再び発症するおそれはなくなります。

出産を望む場合は、抗生物質や抗菌薬を使っての治療になります。しかし、薬物による治療では再発するケースが多く、発情期後は、愛犬の様子をよく観察して注意を払う必要があります。

予防のためには、定期的に交配して妊娠・出産させるか、早いうちに避妊手術を受けるかの選択をするかの選択をすることです。

 

コメントを残す