去勢・避妊を考える

スポンサードリンク

 

子犬が成長して性的に成熟すれば、交配して子孫を残そうとするのはごくごく自然なことであり、それが強い衝動を伴う本能であることも当たり前のことです。

 

しかし、人間社会に深く溶け込んでいる犬の発情は、人間にとって困る行動が増えてしまうばかりでなく、満たされない本能は犬にとってもストレスのもとになるだけでしょう。

さらに、毎年数多くの犬たちが、さまざまな理由から殺処分という残酷で過酷な最期を遂げている現実を考えると、交配・妊娠・出産も、生まれた子犬の行き先までをきちんと計画建てておかなければなりません。

 20141028犬たち

そこで、犬を居飼い始めたら、遅くとも生後6ヶ月になる頃までには、去勢・避妊についてきちんと話し合って結論を出しておく必要があります。

 

去勢・避妊の手術を行うタイミングについては諸説ありますが、一般的には、避妊手術は初ヒートを迎える前に、また、去勢についても生殖能力が完成する前、生後6ヶ月くらいで行うのが良いとされています。

 

避妊手術が初ヒートの前が望ましいのは、その後の乳腺腫瘍の発生率が格段に低くなるとされていること、体力のある若いうちに行えば術後の回復も早く安全であることが理由とされています。

また、去勢については、生殖能力が完成される前に行うことによって生殖に関するストレスを感じず、それを原因とする問題行動を起こすこともなくなるからです。

 

人によっては、犬の本能を一度だけ満たしてやり、子孫を残させてやりたいと考えるケースもありますが、犬にとっては残酷な結果になる人間の独りよがりな考え方です。

それによって、雄犬はマーキングを繰り返すようになったり、雌犬の場合は乳腺腫瘍のリスクが高まるなどのデメリットが大きくなってしまいます。

 

避妊のメリットとデメリット

メリット

・ヒートがなくなることで、出血による汚れがなくなり、室内も犬自身の体も清潔に保ちやすくなる。

・卵巣・子宮に関わる病気のリスクがなくなる。

デメリット

・気性が荒くなることがある

・ホルモン失調による失禁や皮膚病になることがある。

・肥満や肥満による二次的疾患のリスクが高まる

 

去勢のメリットとデメリット

メリット

・マーキングやマウンティングがほぼなくなる

・老犬になってからの前立腺肥大や睾丸腫瘍のリスクがなくなる

・放浪する癖や無駄吠えが抑えられる。

・攻撃的な行動が減る

・長寿の傾向が高まる

デメリット

・ホルモンバランスが崩れ、ホルモン失調性失禁や皮膚病のリスクが高まる。

・肥満、肥満による二次的疾患のリスクが高まる。

 

コメントを残す