僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

スポンサードリンク

 

心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁が完全な状態で閉じなくなる病気が、僧帽弁閉鎖不全症です。血液が逆流するので、息切れや呼吸困難などの症状が現れます。犬の心臓病の中では比較的多い病気です。

 

原因

心臓は、右心房と右心室、左心房と左心室という4つの部屋に分かれています。それぞれの「房」と「室」の間には、血液が逆流しないように弁がついています。僧帽弁は左心房と左心室にある弁です。

 

僧帽弁は心臓の収縮とともに閉じて血液が左心室から左心房に戻らないようにしています。

しかし、僧帽弁が老化によって変形して厚くなってしまうと、弁が完全には閉じなくなって血液が逆流します。これが僧帽弁閉鎖不全症です。

 

僧帽弁閉鎖不全症になると血液が逆流し、徐々に心臓が肥大化します。心臓が肥大化してくると収縮力が衰えて血液の循環が悪くなっていきます。その結果、肺にうっ血が起こって肺水腫を併発したり、肺の機能低下を招いて、さまざまな呼吸器系の症状が現れます。

20150127僧帽弁2 

症状

心臓の病気といっても、胸を痛がるようなことはなく、主に呼吸器関係の症状が現れます。経過を

追うにつれて重症度が増すので、早期に発見し、治療を受けさせることが大切です。

 

初期の段階ではあまり症状は見られません。次第に激しい運動を嫌がるようになって咳をするようになります。その後、気温の下がった時や明け方などに咳の発作を起こします。発作が始まると、ものを吐くような姿勢をとることもあります。

 

さらに心臓の働きが低下していくと、息切れや呼吸困難が起こります。また、一日中咳をするようになります。横になった状態で寝ると呼吸が苦しいために、胸を床につけて寝るようになったりします。

 20150127僧帽弁

治療

残念ながら、根本的な治療方法はいまのところありません。そのため、次のような薬によって症状を軽減していきます。

 

  • 強心薬

心臓の働きを高めるための薬です。心臓のポンプの動きを強くします。

 

  • 血管拡張薬

血管を拡げることで、心臓に負担をかけずに全身の血流をスムースにします。

 

  • 利尿薬

体内の余分な水分を減らすことで心臓に流れ込む血液の量を押さえ、心臓の負担を軽減します。

 

 

家庭で注意しなければならないことは、興奮させないことと、食餌の水分や塩分を減らすことです。心臓病用の療法食がありますので獣医さんに相談しましょう。

 僧帽弁の以上は、5~6歳頃からはじまって、10歳頃から症状が現れます。とくに小型犬や中型犬に多い病気です。咳が続いたり、呼吸が荒いような場合は、早めに動物病院で検査を受けましょう。

 

コメントを残す