フレンチ・ブルドッグ [French Bulldog] -初心者にオススメの犬種-

スポンサードリンク

20141015フレンチブルドック

飼いやすさの総合評価 A

A:とても飼いやすい B:飼いやすい C:ふつう D:やや手間がかかる E:手間がかかる

   項  目 評価        基   準
人間が好き A  人へのなつきやすさ
情緒の安定性 B  情緒が安定していておちつきがあるか
しつけやすさ A  知性があり、物覚えがよいか
お手入れ B  トリミングなどの手間の度合い
必要な運動量 A  必要な運動量が多くないか

 

特徴 大きくて印象的なコウモリ耳が特徴。とても賢くて性格も明るい。愛情が豊かでほとんど吠えることがない。日本には大正時代に紹介された。
歴史 フレンチ・ブルドックの起源については諸説あるが、19世紀の中頃にイギリスからフランスに送られたイングリッシュ・ブルドッグが、パグやテリアと交配されて誕生したとする説が有力。20世紀の初め頃にはコウモリ耳とローズ耳の2タイプがあったが、現在ではコウモリ耳が標準。
飼育のポイント 暑さや寒さに弱いので、温度調節には注意が必要。太りやすい体質のため、栄養のバランスや食事の量に気をつけ、肥満に注意。
外観 大きな頭とコウモリ耳がコミカルで愛らしい。被毛は短く、しっとりとした光沢があってやわらかい。
被毛色 ホワイト、プリンドル、フォーン
体高  30cm
体重  10 ~ 13kg
原産地  フランス

 

 

コメントを残す