ニキビダニ症 -初めての犬-

スポンサードリンク

 

ニキビダニの寄生によって起こる皮膚の病気です。脱毛が起こり、被脱が変色するのが特徴です。ひどくなると、ニキビのように膿がたまった発疹ができたり水疱ができます。

ニキビダニ症は別名、毛包虫(もうほうちゅう)症やアルカスとも言われています。

 

原因

健康な犬に寄生しても、抵抗力があるため大量増殖することは、まずありません。免疫力の弱い生後4~9ヶ月程度の子犬などが感染すると大量に増殖します。生後間もない幼犬がおっぱいを飲む時に母犬から感染することもあります。

20140905痒い犬2

また、成犬でも、副腎皮質機能亢進症や甲状腺機能低下症などで抵抗力の弱まっている時には発症しやすくなります。

 

症状

大量に増殖したニキビダニが毛根を侵すために、感染初期に脱毛が起こります。この段階では犬はまだそれほどかゆがりません。

しかし、進行するとニキビのように膿を持って皮膚がただれ、この段階になると犬は激しくかゆがります。

母犬からおっぱいを飲む時に感染した幼犬では、目や口の周囲などの顔から発症するケースがよく見られます。

患部が広がってくると、頭や背中、肛門の周囲、下腹部など全身に広がることもあります。このように全身に広がると、赤い水疱ができたり、色素沈着による皮膚の黒ずみ、皮膚の肥厚(腫れて厚く盛り上がること)も現れます。

 

予防

子犬期から、体力・免疫力の低下を起こさないように健康管理に気を配ることが一番の予防法です。

 

コメントを残す