トイレのしつけ -初めての犬-

スポンサードリンク

排泄のしつけは、犬が家族の一員になったその日から行う、犬にとっても飼い主にとっても初めてのしつけになります。初めての環境に慣れていない犬が仮に粗相をしても、決してイライラして叱ったりせずに根気よくじっくりと教えていきましょう。トイレのしつけは犬とあなたとの信頼関係を築く上での最初のチャンスでもあるのです。

20140706ミニチュアダックス1

排泄のしつけは人間と犬がともに快適な暮らしをするうえで最重要の項目です。特に室内で犬を飼う場合はしっかりとしつけておかないと、家のいたるところに不快な臭いが付くことになってしまいます。

犬は本来綺麗好きな動物です。自分の排泄の臭いが一度ついてしまうと、そこがトイレだと思い込む習性があります。この修正を利用して、朝起きた直後や食事のあとなどにトイレに連れて行き排泄を促します。これを繰り返すことで、早い犬なら1日で、遅くても3週間もあれば自分でトイレに行けるようになります。

この時期に、かりにそそうをしても、決してヒステリックになって叱ったりしてはいけません。根気よく「イケナイ」ことを教え、うまくできたら大げさなくらいに褒めてあげることがポイントです。

トイレは場所が重要

トイレの場所を決めてあげることが排泄の躾けの第1歩です。浴室、洗面所、廊下の隅など、静かで落ち着ける場所を選んであげましょう。集合住宅の場合はベランダなどでもよいでしょう。ただし、大袈裟なくらいその場合は隣の家に悪臭などが及ばないように、シートをこまめに変えたり消臭スプレーを使うなどの配慮は欠かせません。

室内で飼う犬のトイレをトトに設置する人もいますが、いつも決まった場所でしているかどうかのチェックがしずらいので、なるべく家の中の決まった場所にしたほうが犬が迷いません。

外で犬を飼う場合はハウスから数メートル程度離れた場所に小さな砂場を作ってあげるといいでしょう。

 

トイレの躾けのタイミング

犬がまだ本当に幼いうちに始めるのがトイレのしつけです。犬が幼いだけに犬の個性や飼い主の躾けのスキルによって、うまくトイレに行けるかどうかの時間は本当にまちまちです。

一度や二度の粗相をしたからと言って、トイレの場所を変えてしまったり厳しく叱ったりしてはいけません。仮に粗相をしたとしても現場を押さえなければ叱ることはできません。犬には何の事だかわかりませんから。

20140711トイレ1

ポイントは焦らず根気よく教えていくことです。。犬にトイレのルールを教えるのに絶好のタイミングは自然生理現象として排泄をしたくなるタイミングです。そのタイミングとは、

 

・目覚めた時

・ご飯の後

・運動の後

このタイミングでトイレに連れていき、うまく排泄ができたら大袈裟なくらいほめてあげましょう。その繰り返しによって、個犬差はあるものの2~3週間もすれば覚えるでしょう。

 

トイレを工夫する

トイレにするものはプラスチックなどでできた市販の犬用トイレでも、家庭にある菓子のの間などでもいいでしょう。紙でできたものなど、耐久性のないものは清潔さを保てないので避けたほうがいいでしょう。

 

トイレのいちばん下にはまずビニールを敷き、その上に新聞紙を何枚か載せて排泄させると良いでしょう。

いちばん上の新聞紙は排泄物と一緒に処分し、その上に新しい新聞紙を載せます。このようなやり方で自分の排泄物の臭いを残しておくことがポイントです。犬は自分の臭いをかぎ分けてトイレの場所を認識していきます。

排泄物は放置せずにすぐに処分しましょう。ノミなどの寄生虫予防にも重要なことですから。

スポンサーリンク




コメントを残す