ダックスフンド(ミニチュア) [Dachshund] -初心者にオススメの犬種-

スポンサードリンク

ダックスフンド

飼いやすさの総合評価 A

A:とても飼いやすい B:飼いやすい C:ふつう D:やや手間がかかる E:手間がかかる

   項  目 評価        基   準
人間が好き A  人へのなつきやすさ
情緒の安定性 B  情緒が安定していておちつきがあるか
しつけやすさ A  知性があり、物覚えがよいか
お手入れ A  トリミングなどの手間の度合い
必要な運動量 A  必要な運動量が多くないか

 

特徴 被毛タイプは3種類、サイズもスタンダード、ミニチュア、カニンヘンの3種類がある。体高と体長の比率は1対2と短足胴長で、歩く姿がユーモラスで愛嬌があります。外で元気に飛びまわって遊ぶのが大好き。性格的に用心深さもあり、見知らぬ人間の訪問には吠えて知らせてくれたりもします。
歴史 ダックス(アナグマ)、フンド(犬)、という意味のドイツ語が名前の由来。アナグマを追い詰めるために有効な短い足を持つ。さまざまな狩猟に適するよう、被毛のタイプはスムース、ロングヘアード、ワイアーヘアードの3タイプがある。ミニチュアはワタウサギの狩猟用に作られた。その後、ミニチュアよりもひとまわり小さなカニンヘンも登場。
飼育のポイント 体型が胴長のため、体重が増えすぎると椎間板ヘルニアにかかるリスクが高まります。子犬のうちから栄養バランスに気をつけ、体重の管理はしっかりと。
外観 スムースの被毛は短く光沢があり、ロングヘアードは光沢がありウェーブのかかった柔らかな毛質、ワイアーヘアードはざらざらとした硬い毛質が特徴です。
被毛色 スムース、ロングヘアードはレッド、マホガニーレッドの単色やブラック&タンなどがあり、ワイアーヘアードには野生のイノシシ色やゴマ塩色などがあります。
体高  
体重  
胸囲 スタンダード : 35cm以上ミニチュア  : 30~35cmカニンヘン  : 30cm以下 ※ダックスフンドのサイズは、生後15ヶ月を超えた時点での胸囲によって区分されます
原産地 ドイツ

 

コメントを残す