コロナウイルス性腸炎

スポンサードリンク

 

イヌコロナウイルスによって起こる腸炎です。犬を複数で飼っているところで広がりやすい感染症です。

           

原因

ウイルスの中でも非常に感染力が強いのがコロナウイルスの特徴です。複数の犬を買っている場合、あっという間にすべての犬に感染してしまうことも希ではありません。

コロネウイルスは、感染している犬の糞便や嘔吐物の中にあって、これらに接触したり、汚染された食器などを使うことで経口感染します。

体内に侵入したウイルスは小腸で増殖するため、消化器官に症状が現れます。

 

症状

成犬に感染した場合は、抵抗力があるため、多くの場合は発症しない不顕性感染となりますが、抵抗力の少ない子犬などの場合は重症化しやすい傾向にあります。

20140912弱った犬1

症状は急激に現れます。まず元気がなくなりエサを食べなくなります。下痢と嘔吐が見られるようになり、便はオレンジががった色で悪臭がし、水の様な便になって血便が交じることもあります。下痢や嘔吐による脱水症状から衰弱していきます。

パルボウイルスと混合感染することも多く、この場合、症状が重く致死率も高くなります。

 

予防

コロナウイルスを予防するためのワクチンは無いため、予防のためには犬の住環境を清潔に保つことです。

 

※排泄物はきちんと処理しましょう

犬の糞便や尿は、ウイルスや寄生虫などの感染源になります。

犬には他の犬の糞便や尿のあとのにおいを嗅ぐ修正があります。そのため鼻が接触したりして舐めてしまうこともよくあります。こうしたことが原因で感染することが多いのです。散歩中の糞はこうしたことを避けるためにもきちんと処理しなければなりません。

 

糞はビニール袋に入れて地面に跡が残らないようにします。下痢気味の時などは特に注意が必要です。人間に感染するウイルスもありますので、使い捨てのビニールに手袋などを使うと良いでしょう。

 

コメントを残す