「老犬」は何歳から?

スポンサードリンク

人間の社会では65歳を過ぎると高齢者になります。いまではあまり使われなくなった言葉ですが、いわゆる「老人」はこの65歳からということになるでしょうか。

では「老犬」になるのは何歳からなのでしょう。
人間の「65歳」を犬に当てはめると小型犬や中型犬の場合で
11年目くらいから、大型犬では8~9年目くらいが「老犬」になる年齢と考えられます。

20150419old-dog-takes-a-rest

「老犬」になると、人間と同じように、いろいろな弊害が身体的にも現れ始めるので十分な注意が必要になります。
まずはじめに現れる弊害は「老人」と同じように足腰です。

筋肉が落ちはじめて足腰の弱ってきた「老犬」では、散歩にもそれなりの工夫が必要になってきます。
足腰の負担を極力なくすように散歩の速度を遅くしたり、なるべく柔らかい土や芝の上を歩かせたりすることが必要になってきます。

「老犬」になるとなにかと運動や散歩が億劫になり、外に出ることを拒んだりするようになりますが、運動不足は筋肉の衰えを助長するので、特に天気の良い日などを選んで短時間でも外に連れ出すようにしましょう。

また、内蔵では消化の機能が衰えてくるので、糞や尿などの排泄でも徐々に支障をきたすようになってきます。後ろ足の筋肉、あるいは膀胱の筋肉なども衰え、自力では排泄ができなくなることもあります。このあたりは人間の衰えと変わりありません。

粗相をしても叱らずに、自分の祖父母に対するような気持ちで接するように気持ちを切り替えていくことも必要です。
少しでも長く健康で元気に暮らせるよう、それまで以上に注意深く愛を持って見守っていくようにしてください。

 

コメントを残す